/ 基板

RaspberryPiの開発

友人からラズパイの開発を知りたいとの事でしたので。

とりあえず、主に当方が利用しているWindows10 IoTと限定し、使用するのは、Visual Studioです。
ドーターボードの開発はKiCADを使っていますが、こちらは通常の基板作りですので割愛します。


まず、IDE開発画面のキャプチャーです。
----------2018-02-12-20.26.21
CPUの種類はARM、リモートコントローラーで、WI-FI経由デバッグになります。
リモート接続も至って簡単で、接続画面で一度選択すればOKです。
----------2018-02-13-06.37.36

アイドル状態のラズパイ画面です。
IMG_20180212_202958-2
デバック開始画面です。
IMG_20180212_203059
この時のデバッグ画面です。
----------2018-02-12-20.39.48


Windows10 IoTを使用する限り、ラズパイアプリの開発は快適で、UWPの実力がいかんなく発揮される場と言えます。
生産現場のニーズにまだまだ利用されて良いラズパイだと思います。