/ 雑談

今時のスマホとタブレット

情報という定義が民衆の手に届いた時代が今ではないでしょうか。

SIMフリーで利用できる通信媒体が広がった昨今、コンテンツのアクセプター側が実は作り手だったというのは、InstagramやPinterestを見るまでも無く自明の理です。
1200万画素のカメラを持つスマホを片手に、ドローンで鳥瞰し、Osmoのジンバルで人の生きる姿を動画に撮る。
BlueToothで動画をSIMフリータプレットに転送し、即編集で映画のシーンを構築していく。
そんな、クリエイティブな世界に到達した我々は、どんな時代映像を残せるのだろうか。
才能あれば、今や、誰でも映像を残せる時代。

さてさて、何を残そうか? 楽しみな時代ではある。